FC2ブログ
2013 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

犯られるのが好きなんです・・・

 【30//2013】

ちぃっす

あいかわらず健全なトマトですっ

さて、先日三ヶ月ぶりに、あの淫らな人妻痴夜さんが痴態を繰り広げてくれました。

痴夜さんと彼氏さんカップルの寝取られ輪姦オフ会が行われました。

某寝取られSNSでのマイフレさんであり、ナイスな熟年カップルさんです。

Effectplus_20130926_135507.jpg

愛があるが故に、彼女のために男を用意する・・・

NTR(寝取られ)が分かる人にだけ、分かればいいと思います。

10人の男性が、痴夜さんに群がり、次から次へと蹂躙、指挿入、口舌責め、玩具責め・・・そしてちむぽ挿入

痴夜さんの方が、肉欲を貪る感じです。

表情と声を、お伝えしたいものです。

KIMG0404.jpg

淫裂をかき回され、ぬちょっぐちょっという音に痴夜さんの悶える声が重なります。

口をふさがれ、舌を吸われて声もこもります。

汗まみれ、体液まみれで淫行は続いていきます。

とりそぎ 速報まで

PS ああ・・・ トマトが淫乱になれるのは、いつのことでしょう・・・

Category: 淫らな人妻・・・痴夜

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

淫乱レズカップル

 【25//2013】

ちぃっす

トマトっす

今月は、健全生活が続き、日記の更新もせずすいませんっ

ま、先日淫乱レズカップルと少し愉しんだので、ちょっちアップしまつ

tt01

すでに、居酒屋さんではべたべたとしるふたり・・・

ふたりともバイなので、あちきも混ざってきた部分もありまつが、お互いがいるとあちきはカヤのそと・・・

tt03.jpg

居酒屋店内では、だんだん盛り上がり、ネコ娘が口舌奉仕をはじめ・・・

tt04

ご褒美に、乳首責めをもらったり・・・

ほおっておくと、ふたりとも当たり前に全裸になってしまうので、あわてて会計をして外に連れ出す

tt02

屋外では、人目もはばからずにべたべたなふたり・・・

二丁目まで一緒しましたが、淫乱スイッチの入った雌犬を置き去りにして、あちきは健全にフォモバーに行きますたww

さて、明日は久々に、超淫乱人妻さんの輪姦イベントです。

イメージは、こんな感じ・・・

yukata2-03a.jpg


熟年不倫カップルさんの、玩具になってきます・・・


あと相変わらずの陰陽師

良い感じだよなー

103999_xxl.jpg

Category: 出会い

Theme: 淫らな肉体

Genre: アダルト

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

かあさんの秘密・・・

 【09//2013】

みなしゃんっ

オリンピック2020東京おめでとぉっすww

東京開催、7年後ですよね。是非、見に行きたいと思います。
柔道か、マラソンも沿道で応援してみたいですねっ

って、フツーに書き始めましたトマトの淫乱日記。
相変わらずの健全生活ですが、ろくに更新もしていないのに1日200以上の訪問がある日もあり、ちょっち書かなくちゃですねっ

で、ぺりすこ先生の直近の発表前の作品・・・・インモラルな母親のストーリーです。
息子目線での描写、現実にもありそうな(実際そういう奥さん知ってるけど・・・・)ストーリーにそそられます。

『見ず知らずの男たちに犯される母親~玩具な母

ti01.jpg

塾帰りの僕は、夕方偶然母さんを電車で見かけました。

声を掛けて駆けよろうとした僕ですが、母さんの様子がなんか変??

ti02.jpg

痴漢だっ!
母さん、いま助けに行くよ!
そう思って近寄ろうとしたのですが、満員に近い電車内でなかなか前に進みません。

町内でも学校の友達にも、美人で自慢の母さん。
助けなければという気持ちでいっぱいでした。

けど、なぜか痴漢に囲まれているのに、嫌がるそぶりや抵抗をしていないのです。

ti03.jpg

痴漢たちに取り囲まれて、母さんの顔だけがちらちらと見えるだけです。
首から下は、いったいどうなってしまっているのだろう・・・
気になって仕方ないのですが、僕の身長ではほとんど見えません。

ただ、痴漢達の隙間から、母さんのものすごい姿が見えました!
胸ははだけられ剥き出しとなって、下半身もほとんど晒されて痴漢達の手で好きなように触られています。


ti04.jpg

パンティは、膝のところまで引き下げられて、何人もの手が母さんの尻や前をいじりまわしています。

ti05.jpg

痴漢達に囲まれて端に押し込まれ、片足を持ち上げられて、痴漢の指があそこを激しくかき回しています。

それなのに、母さんは抵抗もせずに、僕に見せたこともない顔をして痴漢の好きなようにさせています。

ti06.jpg

電車内で十数人には取り囲まれていましたが、ある駅で数人の痴漢に連れ出され、大人しく痴漢達についていく母さん。
いったい、どこに連れて行かれるの?

ti07.jpg

人影の無いさびれた公園の奥に連れていかれた母さん。
そこでは、自分から下半身を思い切り開いて、痴漢達にあそこを見せている母さんがいたのです!

僕は既に、電車の中から母さんを助けるどころか、今まで知らなかった母さんの姿に興奮し放しです。
美人な母さんを想って、これまで何回もオナニーをしてきましたが、電車や公園での淫らな姿の母さんを見て、オナニーしている時の僕になっています。

ti08.jpg

着ているものをほとんど脱がされた母さんに、痴漢達の手が容赦なく伸びています。
感じて涎を垂らしている口や、おまんこを痴漢達が容赦なくいじっています。
自慢の乳房は、乱暴に揉みしだかれています。
でも、母さんはまったく抵抗せず、痴漢達の指をすべて受け入れています。

tik09.jpg

痴漢達は、ズボンのチャックを下ろして、母さんの穴という穴を使っています。
ゴムなどを使っている痴漢はいません。
母さんは、見ず知らずの男たちのチムポを生で、何本も受け入れています。
ああ・・・ 母さん・・・
僕は、夢にまで見た母さんのいやらしい姿を目の前にして、2回も射精してしまいました。

そして、痴漢達と母さんの反応で、精液を中に出されたことはわかりすぎる位わかりました。
射精した痴漢のチムポが母さんの中からスポッと抜けたとき、母さんのめくれ上がった淫裂の中から沢山のザーメンがどろどろと流れ出てきたところを見た瞬間、僕は三回目の射精をしてしまったのでした。

ti10.jpg

痴漢たちの責めはまだまだ続いています。
母さんもぐったりしながら、求められるままにキスをし、舌を絡めて愉しんでいるかのようです。
僕は、オナニーが止められず母さんが犯されているところを見て、結局5回は逝ったと思います。

母さんが心配な気持ちもありましたが、母さんを見て射精し続けている自分に訳が分からなくなり、母さんと痴漢達の交わりが終わらないままに、公園から逃げ出してきました。

混乱したまま、いつもの駅前の漫喫に入り痴漢ビデオを借りて、ほんの先ほどの母さんを思い出しながら、猿のようにオナニーをしました。

頭もキンタマも空っぽとなった僕は、家に帰りました。

先に帰っていた母さん・・・いつものように、なにごともなかったようにキッチンにいた母さん・・・

僕はもう、知ってしまったんだよ・・・母さん。

Category: ぺりすこーぷ

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

夏の思い出・・・2

 【02//2013】

ちぃっす

相変わらず健全なトマトですぅ
さて、9月に入りましたねっ
この夏、みなさんはいい思い出作りましたか?

今日は、とある普通の奥様の夏の思い出の記録です・・・

夏の思い出2

数年に一回の割合で、町内の回覧板をまとめる当番が回ってきます。
忘れもしない3年前の夏・・・回覧板の当番となりました。
そして、いつも回覧板を滞留させてしまうおじいさんがいて、回覧板を回収にいき、すぐに隣家に回してもらうようお願いにいきました。

sm_01.jpg


おじいさんといっても、脂ぎっていて町内で出会うとジロジロと嘗め回すように私を見ます。
町内の婦人会でも、噂になったことがあって、すれ違いざまにお尻を触られたりした奥さんもいるようです。

しかし、私の場合は・・・・
そのおじいさんにいやらしい目で見られると、ジンとあそこが熱くなってしまうのです。
脂ぎって、まさにエロ爺という感じなのですが、そういう系の男性に好奇の目で見られると感じてしまうM性のある私なのです。
回覧板当番になる以前から、月一回の夫のせいで欲求不満の私は、そのじいさんに視姦され、あげくのはては痴漢される自分を想像して自慰を繰り返す日々を送っていました。

ji2.jpg

普段は普通の主婦の仮面をかぶっている私・・
けれど、自分でも相当な淫乱な女なんです。

ji1.jpg

月一回だけの夫に、欲求不満のまま放置されている私・・・
そのおじいさんに、視姦されて、痴漢されていることを思って、オナニーにふける毎日だったのです。

jii3.jpg
見ず知らずの男達に、好きなように性欲処理として使われる便所女・・・
それを想像しての自慰でなければ、逝かなくなっている淫乱便所女なのです。


そしてついに、回覧板当番となって、初めておじいさんの家に伺った私・・・
蛇に睨まれた蛙のように固まってしまっていました。
おじいさんの目を意識して、体のラインがくっきりとするピチピチのシャツにタイトスカートだけで行きました。
もちろん、ブラジャーもパンティも身につけずに、シャツ一枚とお尻がくっきりと露になるスカートのみです。
あのおじいさんに会うというだけで、興奮して乳首は起っていたのを感じていました。

sm_02.jpg

その手の男性は嗅覚がするどく、興奮してふるえている私を見透かしたかのように、座敷へと誘いました。
その時のおじいさんの股間は、はちきれんばかりに盛り上がっていました。

座敷に私を上げたおじいさんは、私の心を見透かしたかのようにいやらしい言葉で責めてきました。
「ほっほっほ 奥さん、いつも遠くから眺めてますよ」
「男好きするこの身体・・・自分でも持て余しているじゃろうに」

あっという間に、おじいさんはあそこがむき出しのスカートの中に手を入れてきました。
「ほう、ブラジャーだけでなく下も穿かずに来たのかね」
「おお、もうこんなに濡れているじゃねぇの」

sm_04.jpg


「は、はい おじいさんのために、穿かずにきました」

おじいさんは、酒臭い息を吐き出しながら、私の淫裂をぐちょぐちょにかき回しています。

「あぅっ いつも・・・ おじいさんにこうされることを思って、オナニーをしているんです」
自分でも信じられない、恥ずかしい告白をおじいさんにしてしまいました。そして・・

「ほうほうそうかい、ではそのはずかしいオナニーとやらを、見せてもらおうかねぇ」

ああ・・・
こんな恥ずかしいこと・・・
自分の心の奥では、望んでいたのでしょうか
次の瞬間には、おじいさんの前で下半身素っ裸のままオナニーにふける私がいたのでした。

sm_03.jpg

ぐちょっ ぬちょっと、いやらしい音をたてて自慰をしているその箇所をしっかり見られながら私は、おじいさんのギンギンになったちんぽをほおばっていたのです。


いまでは、回覧版当番でもないのに、おじいさんの家に通う日々です。

自分から、おじいさんの家に行き、おじいさんに視姦されながら全裸になり、抱かれています。

sm_05.jpg


おじいさんの要求は、日に日に変態性を帯びてきて、今度は電車に乗って痴漢たちの餌食になれとの命令を頂いています。

淫らな私の告白は、続きます・・・・




みなしゃんっ

そーとうな淫乱奥様ですねっ

電車での痴漢の餌食!?

奥さんの告白の続きが楽しみですねっ


今日の日記・・・絵は、われらがぺりすこ先生の絵をお借りしました。
ストーリーは、トマトのオリジナルです。

画像の無断転載、流用にないようお願いします。

また、今回のぺりすこさんの絵は、「マゾ女教師」からの引用です。

で、その続編がまたすんごくエロいっす

マゾ女教師Mの旋律2
d_056315pr.jpg


http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_056315/

抜きどころ、満載ですww












Category: ぺりすこーぷ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プロフィール

ト マ ト ♪

Author:ト マ ト ♪
トマトの淫乱日記にようこそ!

以前、秘かにトマトの淫乱日記を書いていました。
時代が変わり、そういった画像付きブログは、大手ブログでは抹消されました。
この度、久々にあちきを奮い立たせたM女ちゃんとの出会いにより、トマトの淫乱日記の復活となりました。

相変わらずのマイペースでのブログですが、気が向いたら覗いてくださいねっ♪

カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。