FC2ブログ
2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

キモじいさんの性奴隷・・・トマト

 【11//2014】


さびれた深夜のコンビニの店内で、レディコミを立ち読みしている内に、キモジイさんの店主に痴漢され、そのまま陵辱された話の続きです。
しつこいです・・・
続きます(笑)


最後は、二人とも全裸になって、お互いのザーメンやよだれまみれの身体を重ねあい、舌を激しく絡め合うディープキスをしながら、トマトは逝きました。
汚らしいキモジイさんの腕の中で・・・


milky33.jpg
久々の練乳ちゃん登場♪日記に関係なく(笑)

全てが終わったあとは、まったりと過ごします。
そして、キモジイさんはまた、驚くべき命令をトマトにしました。

「今夜のねぇちゃんのような、ケバイ水商売女を抱くのも好きなんじゃが、うぶな女学生を犯すのも、好きなんじゃよ」
「ねぇちゃん、今度は女学生になって、わしに抱かれてみるかねぇ・・・」
と・・・・

「冗談じゃねぇ、変態オヤジ、もう二度とお前とは会わねぇぜ」と思いながらも、もうひとりのトマトが・・・・
「女学生? 女子高生になって、このジイさんにヤラレルって・・・」と、もう淫乱ドM女装子の血が疼いて来ました。

トマトは、時間があればとごまかしながら、もう空が明るくなる早朝になってやっと帰宅しました。




さびれたコンビニのすぐ裏に、平屋のボロい木造家屋がありました。
キモジイさんのザーメンと唾液を身体にまとったまま、適当に身づくろいをして、ジイさんの家屋の前まで行き、分かれました。

キモジイさんの体液臭をつけたまま、トマトは深い眠りに落ちました。


翌朝・・・というか、昼過ぎにやっと目が覚めたトマト・・・・


もう、トマトの身体と心は夕べのキモジイとの激しい淫らなHに、心乱れています・・・・


img60JUFO3I.jpg


ああ・・・ またあの、キモいジイさんに抱かれたい・・・・
でも、ダメ! あんなキモいジイさんなんかに・・・・
そのまま、奴隷にされたらどうする?
奴隷・・・・ ああ、あの汚いジジイの奴隷?このトマトが!?

もう、あんな変態ジジイに二度と会ってはいけないというトマトと、そのキモジジイに抱かれたい淫らなドM女のトマトが戦っています・・・


img55VQBON3.jpg


取り合えず、女子高生になるだけなら・・・・と、もうトマトは淫乱ドM女になってしまいました・・・・

タンスの奥に隠してある、女子高生のコスプレ衣装に着替えたトマト・・・

jk101.jpg


身体はもう、完全に反応しています・・・・


ああ・・

ダメ、あんな変態ジジイに合ったら、何されるかわからない。
しかも、今度は痴漢されたのではなく、自分から変態ジジイの言うままに女子高生になって、自分からジジイの家まで来たのだから・・・
言い訳は、通じません。


jk002.jpg

みなさま、ご想像の通りの展開です。

淫乱ドM女トマトが、女子高生になって我慢できるわけがありません・・・


ジイさんの家に、たどり着きました。
ジイさんは、トマトの姿をみるなり、にやりとして古びた家屋に招き入れました。
ナニモノかに引き込まれるように、ジイさんの平屋の家に入っていきました。

jk102.jpg


「ひひひ、やはり来たねぇ ねえちゃん」
「夕べは、あんなにスケベなねえちゃんだったのに、今日はお嬢さんだねぇ・・・」

と、薄暗い部屋でトマトの周りをゆっくりを歩きながら、いやらしい目で舐め回すように見ています。

jk003.jpg


そして、トマトの後ろに来たとおもったら、突然乱暴にトマトを羽交い絞めにして、抱きついてきました。
抱きつきながら、ねっとりとした舌でトマトのうなじから舐めまわし、女子高生の制服を脱がしてきました。
ああ・・・ 乱暴にされたトマトは、それだけでドMスイッチが入ってしまい、気が付くと下半身は素裸、ブラジャーはずらされて、全裸より恥ずかしい格好にされました・・・・


jk104.jpg

ジイさんは、前の晩にケバイ淫売女モードのトマトを抱いたので、女子高生のトマトを抱くのに遠慮はありません。
むしろ、昨晩よりも発情した獣となってトマトをむさぼります。

トマトに抱きつき、全裸より恥ずかしい格好にさせられ、トマトのうなじから胸、乳首、下腹部、太もも、ペニクリ、ケツマンコ、足の指一本いっぽんまで、じゅるじゅるといやらしい音をたてながら舐めまわしてきました。
相手をいとおしむというより、自分の欲情を満たすためだけの乱暴な感じです。それが、更にトマトのドM心を掻き立てて、興奮させます。


jk004.jpg


キモジイさんの唾液まみれにされ、そんな自分がその快楽に負けて責めを受け入れている・・・・
ああ・・・ なんて淫乱なトマト・・・
自分のふしだらさに、更に興奮してきます。

猿轡をされ、更に後ろ手に縛られて、擦り切れた畳の上に転がされました・・・・

トマトの喘いでいる顔に、キモい顔を近づけて酒臭い息をトマトに吐きかけながら、「お嬢ちゃん、すました顔してスケベじゃねぇか」
「そんなに、感じまくって・・・ ひひひなんせ今日は、自分から来たからな・・・・ この好き者め」

変態ジイさん、並みの変態ではありません。
トマトのM性を嗅ぎ取り、ツボをえた容赦ない言葉責めをしてきます。・・・




あっ 今日は、某SNSで知り合った人妻と淫らなデートです・・・・

こりから寝ます。

この日記の続き・・・・もしかしたら、ありかもです。(笑)

関連記事

Category: トマトの想い

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

続編期待しています!

Posted at 05:22:18 2014/03/11 by MANJI

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

プロフィール

ト マ ト ♪

Author:ト マ ト ♪
トマトの淫乱日記にようこそ!

以前、秘かにトマトの淫乱日記を書いていました。
時代が変わり、そういった画像付きブログは、大手ブログでは抹消されました。
この度、久々にあちきを奮い立たせたM女ちゃんとの出会いにより、トマトの淫乱日記の復活となりました。

相変わらずのマイペースでのブログですが、気が向いたら覗いてくださいねっ♪

カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。